遺伝看護・遺伝カウンセリングコース

「遺伝看護・遺伝カウンセリングコース」では、遺伝的問題を有する人々への看護ケアやあらゆる選択において、自律的に決定できるよう、遺伝医学的判断に基づいた情報提供、カウンセリングを実践できる看護職を育成します。認定遺伝カウンセラー受験資格を取得できます。

認定遺伝カウンセラー(CGC: Certified Genetic Counselor)とは

「遺伝カウンセラーには単に遺伝医学情報の提供だけでなく、クライエントの立場から問題解決を援助したり、心理的な対応技術が必要とされます。また、遺伝カウンセリングが扱う内容には高度に倫理的な内容が含まれるので、医師とは独立した専門職の遺伝カウンセラーが必要になり、日本遺伝カウンセリング学会と日本人類遺伝学会が協力して制度化した「認定遺伝カウンセラー制度」が2003年にスタートしました。2003年の信州大学、北里大学より大学院での養成を開始、現在は11校に養成校があります。長崎大学は2009年に認定コースを設置しました。修了者は認定試験に合格すると認定遺伝カウンセラーを呼称することができます。

授業科目一覧と履修スケジュール

カリキュラムの詳細

最終更新日時: 2015年 11月 2日(月曜日) 16:44